食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

大学対抗ミートジャッジング、総合1位に北海道大・櫻井さん


 第11回全日本大学対抗ミートジャッジング競技会(日本ICMJ)が6日から8日にかけ、東京食肉市場を主会場に開催された。大学などで畜産学等を学ぶ学生を対象に、食肉格付けの理論と体験学習の機会を提供するとともに、食肉産業界、大学および学生間の交流を促進し、日本の畜産・食肉産業界の将来を担う人材の養成に資することを目的に行っているもの。今回は13校60人の学生が参加し、牛肉・豚肉の格付け精度などを競った。
 最終日の表彰式・交流会では、冒頭、日本ICMJ実行委員会の河原聡会長(宮崎大学)があいさつし、協賛企業・団体への謝辞を述べた。懇親のあと各部門の結果が発表され、大学対抗部門では北海道大学が優勝。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top