食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

和牛遺伝資源管理の検討会、宮崎、鹿児島の人工授精師からヒアリング


 海外への和牛精液の持ち出し防止などを考える第2回和牛遺伝資源の流通管理に関する検討会が18日、都内で開かれ、宮崎、鹿児島の人口授精師からヒアリングを行った。宮崎ではブランド牛などの県有種雄牛が中心であるとともに、タブレットを活用してストローの流通管理と受胎率をリアルタイムで算定できる「授精情報管理システム」で厳格に管理しているが、鹿児島などの県では県有種雄牛のほか、民間の種雄牛もあるため、どのような販路を辿るか把握がむずかしい状態にあるとされた。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top