食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

死亡牛のBSE検査対象月齢が4月1日から96カ月齢以上に

 死亡牛のBSE検査対象月齢が4月1日から96カ月齢以上に引き上がる。48カ月齢以上の起立不能を示す死亡牛と全月齢のBSEを疑う症状のある死亡牛はこれまでどおりBSE検査を行う。なお、BSE検査を実施する必要があるかどうかは獣医師の診断が必要となる。
 48カ月齢以上の起立不能を示す死亡牛については、死亡前に歩行困難、起立不能などであった牛または、特定症状牛であること以外の理由により、と畜・解体禁止となり、死亡し、または淘汰された牛。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top