食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

死亡牛のBSE検査対象月齢が4月1日から96カ月齢以上に

 死亡牛のBSE検査対象月齢が4月1日から96カ月齢以上に引き上がる。48カ月齢以上の起立不能を示す死亡牛と全月齢のBSEを疑う症状のある死亡牛はこれまでどおりBSE検査を行う。なお、BSE検査を実施する必要があるかどうかは獣医師の診断が必要となる。
 48カ月齢以上の起立不能を示す死亡牛については、死亡前に歩行困難、起立不能などであった牛または、特定症状牛であること以外の理由により、と畜・解体禁止となり、死亡し、または淘汰された牛。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top