食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉連食育サイト「おにくらぶ」普及へ—教材作成委で取組報告


 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成30年度国産食肉理解醸成食育推進事業・第2回食育教材作成委員会を27日、東京都赤坂のアジミックビルで開き、今年度の食育教材の作成実績を報告するとともに、来年度の教材作成案を示し、今後の取り組みについて意見をきいた。
 今年度は、食生活の習慣を形成する早期段階から国産食肉の理解醸成を図るため、新たに幼児を対象にお肉の食育をテーマにしたオリジナルソングと振り付けによる「おにくらぶ たいそう」を開発した。普及に向けDVDを作成するとともに、8日に開設したお肉の食育サイト「おにくらぶ」(http://ajmic.or.jp/oniclub/)に動画を掲載している。DVDは各県肉連をはじめ関連機関に配布し、またDVDおよびサイトでは、歌詞や振り付けも紹介しており、今後普及を図る。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top