食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

東京都食肉2組合総代会、宮本理事長「今年度はゼロからのスタート」

 東京都食肉生活衛生同業組合・同事業協同組合(宮本重樹理事長)は15日、大東京信用組合本店会議室(東京都港区)で令和元年度通常総代会を開催。総代会では両組合の平成30年度事業報告と令和元年度事業計画などが報告され、全議案が承認された。今年度も基幹事業である輸入牛肉、国産牛肉、輸入豚肉、国産豚肉、食鳥および加工品などの共同購入供給および斡旋を実施する。また、関連商品などの共同購入供給、調理材料を共同購入し一部助成するほか、夏期豚価対策を行う。さらに食肉の消費拡大を図るため、特販事業を実施。「ステーキの日」「焼肉の日」「とんかつの日」「すき焼きの日」を定め、特売を行う。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top