食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

サッカーの岡崎慎司選手を「但馬牛・神戸ビーフ応援大使」に任命

 「神戸ビーフ」の管理を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は5月21日、神戸市中央区の神戸ビーフ館(平井博勝館長)でサッカーの岡崎慎司選手の「但馬牛・神戸ビーフ応援大使」任命式を行った。
 兵庫県出身で、国内はもとより世界で活躍する岡崎選手は、かねてから兵庫県のPR活動に尽力してきたことに加え、但馬牛や神戸ビーフに対する理解も深いことから、今回の任命に至った。任命式で岡崎選手は平井館長らから但馬牛と神戸ビーフの歴史と伝統、現状に関する説明を受け、「神戸ビーフはヨーロッパでも名前を出すだけで納得してもらえる確かなブランド。きょうここにきて、改めてたくさんのことを学んだ。チームメイトをはじめ、多くの人に伝えていき、大使の役割を果たしていきたい」と大使としての意気込みを語った。任命式後には館内で神戸ビーフの試食を堪能した。今後、国内外の活躍の場で、銘柄のPRを行っていく。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top