食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イベントには、9年連続ミシュランの星を獲得したフランス・ブルターニュの「ホテル・ブリタニー」シェフのルイック・ルバイ氏が来日。ルバイ氏は液体塩麹を使い、カナダビーフやオマールえびの素材の味を引き立てたメニューについてデモンストレーションを交えて紹介した。
 カナダビーフのプレゼンを行った清冨代表(写真)は「ことしは、カナダビーフにとって大きな飛躍の年となった。昨年12月にCPTPPが発効し、2019年は前年比で数量、金額ともに50%以上の伸びを記録。日本市場において豪州、米国に次ぐ第3の牛肉輸出国としての立ち位置を築くことができた。この勢いを来年も続けていきたい。カナダは牛肉や豚肉だけでなく、シーフードやワインなどさまざまな食材がある。そういった食材とコラボしてカナダビーフのさらなる拡大を図っていきたい」と意欲を述べた。さらにカナダビーフの優位性について「穀物肥育であり、アンガス種など肉専用種が非常に多く、日本に輸入されるカナダビーフはほとんどが肉専用種だ。冷涼な気候で疾病も少なく、衛生環境の整った環境で育てられている。さらに日本向けには肉や脂の色など、とくに厳格な基準で選別された製品が輸出されている」と説明した。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top