食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イベントには、9年連続ミシュランの星を獲得したフランス・ブルターニュの「ホテル・ブリタニー」シェフのルイック・ルバイ氏が来日。ルバイ氏は液体塩麹を使い、カナダビーフやオマールえびの素材の味を引き立てたメニューについてデモンストレーションを交えて紹介した。
 カナダビーフのプレゼンを行った清冨代表(写真)は「ことしは、カナダビーフにとって大きな飛躍の年となった。昨年12月にCPTPPが発効し、2019年は前年比で数量、金額ともに50%以上の伸びを記録。日本市場において豪州、米国に次ぐ第3の牛肉輸出国としての立ち位置を築くことができた。この勢いを来年も続けていきたい。カナダは牛肉や豚肉だけでなく、シーフードやワインなどさまざまな食材がある。そういった食材とコラボしてカナダビーフのさらなる拡大を図っていきたい」と意欲を述べた。さらにカナダビーフの優位性について「穀物肥育であり、アンガス種など肉専用種が非常に多く、日本に輸入されるカナダビーフはほとんどが肉専用種だ。冷涼な気候で疾病も少なく、衛生環境の整った環境で育てられている。さらに日本向けには肉や脂の色など、とくに厳格な基準で選別された製品が輸出されている」と説明した。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top