食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イベントには、9年連続ミシュランの星を獲得したフランス・ブルターニュの「ホテル・ブリタニー」シェフのルイック・ルバイ氏が来日。ルバイ氏は液体塩麹を使い、カナダビーフやオマールえびの素材の味を引き立てたメニューについてデモンストレーションを交えて紹介した。
 カナダビーフのプレゼンを行った清冨代表(写真)は「ことしは、カナダビーフにとって大きな飛躍の年となった。昨年12月にCPTPPが発効し、2019年は前年比で数量、金額ともに50%以上の伸びを記録。日本市場において豪州、米国に次ぐ第3の牛肉輸出国としての立ち位置を築くことができた。この勢いを来年も続けていきたい。カナダは牛肉や豚肉だけでなく、シーフードやワインなどさまざまな食材がある。そういった食材とコラボしてカナダビーフのさらなる拡大を図っていきたい」と意欲を述べた。さらにカナダビーフの優位性について「穀物肥育であり、アンガス種など肉専用種が非常に多く、日本に輸入されるカナダビーフはほとんどが肉専用種だ。冷涼な気候で疾病も少なく、衛生環境の整った環境で育てられている。さらに日本向けには肉や脂の色など、とくに厳格な基準で選別された製品が輸出されている」と説明した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

 9月は20日、23日の2度の祝日を迎える今週が消費のピークと思われ、それに向けて手当てが進められた。曜日の並びとしてはそこまで良くはないが、コロナ感染が拡大していた盆休を避け、この時期に旅行や帰省を行う人もいるとみられることから、大幅な消...
More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top