食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

名古屋食肉買参組合が初の南部市場活性化肉牛枝肉品評会開催

 名古屋食肉市場買参事業協同組合(杉本達哉理事長)は10日、名古屋市中央卸売市場南部市場で初の試みとなる南部市場活性化肉牛枝肉品評会を開催した。通常の共励会では格付やBMS No.の高い枝肉が入賞しやすいが、今回は買参者がそれぞれ枝肉の下見を行い、購入したいと思う枝肉に投票。得票数が多かった枝肉から上位にランク付けされた。買参者の思いや考え方を生産者に伝えるために行われたもので、当日夜には買参者、生産者、市場関係者が一堂に集い意見を交換する南部市場活性化交流会(肉牛の部)も開催された。
 品評会には和牛45頭(雌20頭、去勢25頭)、交雑牛14頭(雌11頭、去勢3頭)が出場。午前中に行われた枝肉の下見では買参者がそれぞれ好みの枝肉10頭を選んで投票した。午後からのせりに先だって杉本理事長は「今回は霜降りや格付だけでなく、買参者の目からみて、ほしいと思う枝肉を選んで入賞牛を決める新しい形の品評会とした。生産者に好みを伝えてより良い出荷につなげていただけるよう、そして市場の活性化につながるようにしたい」とあいさつ。
 続いて愛知県食肉事業協同組合連合会の加藤功会長があいさつを兼ねて投票結果を発表した。和牛の1位の出荷者は(有)下村畜産(去勢、格付A5、BMS No.9、BCS No.3)、2位は渡辺義苗さん(同、同、No.12、4)、3位は石川悦一さん(同、同、同、3)、交雑牛の1位は酒井己喜雄さん(雌、B4、No.6、4)、2位は(株)平和タケトヨ牧場・榊原功二さん(同、同、No.7、3)、3位はエルファームサカキバラ・榊原一智さん(同、同、No.5、4)。和牛1位はキロあたり2,447円で杉本食肉産業(株)、2位は2,663円でモリビシ産業(株)、3位は2,629円でホクシン(株)が落札した。交雑牛1位は1,646円、2位は1,626円でともに日本ハム、3位は1,630円で東海フーズ(株)がせり落とした。

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top