食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

神戸ビーフのせりでMUFAを表示する新たな取り組み実施

 兵庫県と神戸肉流通推進協議会は4月から、但馬牛、神戸ビーフのせり販売時において「モノ(一価)不飽和脂肪酸」(MUFA)割合を表示した上で販売すると発表した。神戸市中央卸売市場西部市場、加古川食肉地方卸売市場、姫路市食肉地方卸売市場(和牛マスター食肉センター)のせり時に実施するもの。
 脂肪酸のうち、モノ不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸に比べて脂肪が溶け出す温度(融点)が低く、口溶けに違いがある。専門家による研究結果などから和牛の食味性(おいしさ)に関係するとされており、モノ不飽和脂肪酸含有率が一定程度高いものがおいしいとされている。
 測定方法は、せり前に食肉脂質測定装置を用いて筋間脂肪のモノ不飽和脂肪酸割合(オレイン酸を含む)を測定するというもの。その値をせり時に電光掲示板で表示する。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top