食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

5月中旬現在の米国牛肉の輸入数量は4万5,196t

 関税定率法等の一部を改正する法律案が昨年度末に成立し、牛肉および豚肉に関する関税の緊急措置について措置しないこととなった。同措置が廃止となり、セーフガードはTPP11、日欧EPA、日米貿易協定のそれぞれ三つとなった。これまでの制度と三つのセーフガードの主な違いは、これまで四半期ごとにトリガー数量を超過するかどうか判別していたものが、年度末のみとなることだ。従って、上期に輸入量が多ければ、下期にかけて長期的展望にたって輸入量を減らしていくことも可能になる。本紙では、税関が公表している月ごとの上旬、中旬、下旬の輸入数量から年度末にトリガー数量を超えないようにするため、適宜、検証していく。
 牛肉における各協定の5月中旬現在の累計輸入数量と輸入基準数量との差分はTPP11(令和2年度輸入基準数量は61万3,600t)が5万5,917tで、差分が55万7,683t。日欧EPA(4万5,056t)は1,517tで、差分が4万3,539t。4月の日米貿易協定(24万2千t)は4万5,196t、差分が19万6,804トンとなっている。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top