食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

スターゼン佐賀営業所がSQF認証取得、計56カ所に

 スターゼンは3日、同社の佐賀営業所が食品の安全と品質を確保するシステムである国際規格「SQF(SafeQualityFood)」の認証審査に合格したと発表した。同営業所では、「SQF」認証取得の取り組みを2019年7月から行っていた。
 同社では、「食を通して人を幸せにするグローバルな生活関連企業を目ざす」という経営ビジョンの下、グループ内の施設で「SQF」認証を推進しており、安全で質の高い食品の提供を一層充実させ、さらなる顧客への信頼の確立と社会的評価の向上を図っている。なお、スターゼングループでは、2003年から「SQF」の認証取得に取り組んでおり、佐賀営業所の取得をもって、計56カ所の施設がSQFの認証審査に合格した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top