食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

スターゼンが石狩工場で国内3例目の「ワンダスミニマークⅡ」導入

 スターゼン(株)は30日、豚肩甲骨・上腕骨除骨ロボット「ワンダスミニマークⅡ」((株)前川製作所製造)を子会社のスターゼンミートプロセッサー(株)石狩工場(北海道岩見沢市)に各一機ずつ導入したと発表した。同工場のワンダスは7月27日から本格稼働しており、国内3例目の導入となる。
 食肉の処理・加工工場は、近年の人口減少や地方の過疎化によって将来的な人手不足が懸念されており、同社が安全・安心な食肉を安定的に供給していくためにも省人化や働き方改革の推進が課題となっている。
 ワンダスは作業負荷の大きかった上腕骨と肩甲骨・肩甲軟骨の除骨を行うロボット。ワンダス導入によって従業員の負担が大きく軽減され働きやすさが向上するとともに、省人化を実現した。

◆行政・統計

「GoTo商店街」で地域に活気を、経産省が事業開始

「GoTo商店街」で地域に活気を、経産省が事業開始

 経産省はこのほど、GoTo商店街事業における実施事業者の先行募集を開始した。同事業はGoToキャンペーンのGoToトラベル、GoToイートに次ぐ事業で、各商店街の周辺地域で暮らす消費者や生産者などが「地元」や「商店街」の良さを再認識するき...
More

◆トレンド

和牛相場上昇、GoTo施策など一定の効果か—牛肉マーケット

和牛相場上昇、GoTo施策など一定の効果か—牛肉マーケット

 新型コロナウイルスによる需要減を打破する施策として、行政ではGoToトラベル、GoToイートなどが打ち出され、直近のシルバーウイークは観光地の人出に回復がみられたほか、外食店利用者も増加し、食肉卸売業者からも「コロナ前に近い忙しさだった」...
More

◆国内外の団体

全国食肉公取協・河原会長、景品表示適正化功績者表彰を受賞

全国食肉公取協・河原会長、景品表示適正化功績者表彰を受賞

 全国食肉公正取引協議会の河原光雄会長は15日、消費者庁の令和2年度景品表示適正化功績者表彰を受けた。同日、東京・霞が関の中央合同庁舎4号館大臣室で表彰式が行われ、井上信治内閣府特命大臣(消費者および食品安全)から表彰状が授与された(写真は...
More

◆製品

More
Return Top