食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

スターゼンが石狩工場で国内3例目の「ワンダスミニマークⅡ」導入

 スターゼン(株)は30日、豚肩甲骨・上腕骨除骨ロボット「ワンダスミニマークⅡ」((株)前川製作所製造)を子会社のスターゼンミートプロセッサー(株)石狩工場(北海道岩見沢市)に各一機ずつ導入したと発表した。同工場のワンダスは7月27日から本格稼働しており、国内3例目の導入となる。
 食肉の処理・加工工場は、近年の人口減少や地方の過疎化によって将来的な人手不足が懸念されており、同社が安全・安心な食肉を安定的に供給していくためにも省人化や働き方改革の推進が課題となっている。
 ワンダスは作業負荷の大きかった上腕骨と肩甲骨・肩甲軟骨の除骨を行うロボット。ワンダス導入によって従業員の負担が大きく軽減され働きやすさが向上するとともに、省人化を実現した。

◆行政・統計

和牛肉などネット販売推進事業開始、コロナ影響対策で送料補助

和牛肉などネット販売推進事業開始、コロナ影響対策で送料補助

 農水省の令和2年度国産農林水産物等販売促進緊急対策事業のうち、品目横断的販売促進緊急対策事業の一環で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、売り上げの減少などが顕著な国産農林水産物のネット販売における送料を補助する「インターネット販売...
More

◆トレンド

マルキン肉専積立金の不足が新たに8道県、5月分は24都道県

マルキン肉専積立金の不足が新たに8道県、5月分は24都道県

 肉専のマルキンについて生産者積立金の不足により、国費分のみの支払いとなる県が新たに8道県増えた。これにより、5月分マルキンは24都道県で国費分のみとなった。要因としては肥育農家の資金繰りの支援のため、9月末まで牛マルキンの生産者負担金が納...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top