食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

令和2年格付実績、和牛去勢「A5」割合上昇し半数占める

 公益(社)日本食肉格付協会がまとめた令和2年次の牛・豚肉格付実績(食肉速報資料12面に近年の推移表掲載,)によると、牛の格付頭数は89万2,321頭(前年比0.6%増)と微増。豚も格付頭数は1,272万6,156頭(2.5%増)と増加した。牛肉については、和牛の品種改良、生産者の生育技術向上などにより「A5」の出現割合が全体で22.2%にまで上昇。和牛去勢では「A5」が49.5%と半数を占め、和牛雌でも34.3%にのぼる。いずれも前年に比べ3.6ポイントの大幅な上昇で、高品質化の傾向はさらに強まっている。一方で「B2」は乳去勢牛の生産減少などで、発生率は低下傾向。交雑牛も「B2」の割合が下がり、値ごろな価格帯の国産牛肉の生産は減少している。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top