食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食肉産業展が開幕、3月9日〜12日「肉と技」テーマに

 「第45回食肉産業展2021」が9日に、「FOODEX JAPAN」との同時開催で開幕した。12日までの4日間、千葉県の「幕張メッセ」を会場に41社178小間が出展する。所管官庁、千葉県、幕張メッセの規定に準じて、適切な感染症対策を講じて開催される。開催時間は午前10時から午後5時まで(最終日は午後4時30分まで)。当日入場も可能となっている。食肉業界の8団体と事務局・㈱食肉通信社で構成される食肉産業展実行委員会(関川和孝委員長)が主催。今回はアジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN」との同時開催で、世界各地の食の最新情報を取りそろえた総合見本市となっている。
 食肉産業展は、食肉にこだわり続ける生産・加工・流通・小売・食の関係者がそれぞれの分野で磨き上げた究極の技術、食品を披露し、情報発信することで食肉産業の総合的な進歩、発展を図り、日本の食肉産業の振興および国民の食生活の向上に寄与してきた。ことしのテーマは「肉と技 世界へ」で、食肉産業における技術の粋を集めた最新・最先端の機械・製品・情報が一堂に介する。また、毎回好評の人気イベント「食肉情報セミナー」も8講演を予定しており、国内外の情勢を知る絶好の機会となっている。今回から「FOODEX JAPAN」と同時開催することで、国内最大級の食肉加工機械・業務用食品・食材・機器、容器、世界の食品、飲料がそろう総合見本市となっている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top