食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

「近江牛」グランプリ枝肉共進会、GC牛は万葉が5,732円で落札

 滋賀県全土から上質な近江牛を集めた「2021近江牛グランプリ枝肉共進会」が21日、滋賀食肉センターで開催された。県内各地から出荷された近江牛49頭の中から、橋場芳明さんの出品牛が栄えあるグランドチャンピオン(GC)を獲得。枝肉せりで㈱万葉(佐野悦代社長)がキロあたり5,732円で購買するなど、コロナ禍で厳しい経営環境が続く生産者を盛り立てようと高値落札が相次いだ。
 同共進会は各団体・地域の枠を超え、県内の近江牛生産農家が一堂に会し「近江牛のブランド化推進と生産意欲向上」を目的に2013年から開催されている。今回も出品牛の上物比率は100%、全体の81.6%の40頭が5等級に格付され、BMS No. 12が13頭、No. 11が5頭、No. 10が12頭出品されるなど「グランプリ」の冠にふさわしいハイレベルな近江牛枝肉がそろった。その中でGC賞を獲得した橋場さん出品の去勢牛は父牛「義美福」、2代祖「美穂国」、3代祖「福安照」の血統。枝肉重量498.7kg、BMSNo. 12の成績でA5等級に格付された。橋場さんは近江八幡市安土町で近江牛約300頭を飼養する肥育農家。子息の芳秀さんは近江牛若手生産者の研究会「ウシラボ」の会長を務めるなど、親子2代で「食べておいしい牛づくり」を続けている。受賞について橋場さんは「近江牛グランプリは初めての受賞。コロナで枝肉単価が大きく下がった時期もあり、厳しい状況が続いていたのでうれしい。大きな励みになる」と喜びを語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top