食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

CIPA日本支社にジェイムソン氏が赴任、仏産牛肉拡大図る

 ヨーロッパ有数の食肉メーカーで、フランス食肉業界最大手であるBIGARDグループ傘下CIPA社の日本支社(CIPA JAPAN=東京都中央区新川)にこのほど、バンサイス.ジェイムソン氏(写真)が営業兼事業開発部長として赴任した。
 BIGARDグループは四半世紀以上にわたって日本市場に豚肉を供給しており、「SOCOPA」ブランドなどを展開。グループ企業のCIPA社は仏産食肉や水産品などの供給を行う食品総合商社だ。昨年8月、日本市場で仏産牛肉の月齢制限が撤廃されたことを受け、同グループでは日本向けの牛肉輸出拡大に意欲をみせている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

 エスフーズはこのほど2021年秋冬の新製品・リニューアル商品を発表した。いずれも8月下旬から発売開始している。 新商品は「旨美鍋」(うまみなべ)シリーズ。同社の定番商品である「こてっちゃん牛もつ鍋」同様、具入りの鍋スープだが、このシリーズ...
More
Return Top