食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

 日本ハムは1日、2022年2月1日から主力商品の「シャウエッセン」など、一部商品の規格変更および納品価格の改定を実施することを発表した。
 価格改定の主な要因は、ハム・ソーセージおよび加工食品の主原料や小麦粉・食用油などの副資材の高騰。昨年後半以降の各主原料に対する国際的な需要拡大が続いており、 調達コストは今後も上昇する見込みとなっている。また、電気やガス、軽油などのエネルギーコストも上昇。さらに、物流費や労務費などの諸経費も増加している。同社では、コスト増加を吸収すべく全社をあげて合理化を推進してきたが、コスト上昇分を全て吸収することは極めて困難であり、引き続き高品質で安全・安心な商品を供給するため、次のとおり一部商品の規格変更と納品価格の改定を実施する。
 改定日 2022年2月1日から▽改定内容 家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の商品規格変更および納品価格改定(改定率5〜12%)
 [家庭用商品]ハム・ソーセージ40品目、加工食品133品目、対象商品計173品目▽[業務用商品]対象商品計232品目▽[冷凍食品]対象商品計19品目

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top