日食協が食肉流通関係者ら530人招き、新年賀詞交歓会

 公益(社)日本食肉協議会(中須勇雄会長)は6日、東京・千代田区の帝国ホテルで、新年賀詞交歓会を関係者約530人を招き開催した。中須会長は冒頭のあいさつで「いま一番食肉業界にとって大きな問題は、国内の肉用牛生産が大変厳しい状態になっており、どう脱していくかだ。高値が続いていた豚肉価格も昨年は生産の増加で安定してきた。しかし牛肉だけは高値が続き、一部では国産の牛肉離れも心配されている。繁殖雌牛の減少が大きな原因だが、価格高騰は業界にとっても商売がやりにくい。若干雌牛の増加はみられるが、まだ回復には時間がかかり、こうした厳しい状態はしばらく続かざるを得ない。われわれ流通加工業界としても、繁殖基盤強化への手助けをすべきであり、生産に目を向け支援することに協力願う。役所でも畜産クラスターで、地域として畜産生産をどう支えていくか取り組んでおり、相談しながらやっていってほしい」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み