全肉生連が賀詞交歓会、衛生管理や食肉の知識普及一層推進

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長)は、平成29年新年賀詞交歓会を18日、東京・港区のアジュール竹芝で開催した。村松巖副会長が開会の言葉を述べたあと、肥後会長があいさつし「新年を迎えたが、中小企業を取り巻く経済環境はいまだに不透明で厳しい状況となっている。食肉業界においても、牛肉価格の高騰、TPPの問題、HACCPの制度化などの動向によってはますます厳しい情勢が見込まれる。このような中、当会としてもいままで以上に組合員の自主管理のもと、適正な販売、良質な食肉の供給と衛生管理の維持向上を図り、消費者に食肉に関する正しい知識の普及を行い、安全・安心な食肉を提供することが責務である。今後も関係機関・団体と一層連携を深め、役職員一同誠心誠意を尽くして事業運営に取り組んでいく」とした

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み