食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

全肉生連が賀詞交歓会、衛生管理や食肉の知識普及一層推進

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長)は、平成29年新年賀詞交歓会を18日、東京・港区のアジュール竹芝で開催した。村松巖副会長が開会の言葉を述べたあと、肥後会長があいさつし「新年を迎えたが、中小企業を取り巻く経済環境はいまだに不透明で厳しい状況となっている。食肉業界においても、牛肉価格の高騰、TPPの問題、HACCPの制度化などの動向によってはますます厳しい情勢が見込まれる。このような中、当会としてもいままで以上に組合員の自主管理のもと、適正な販売、良質な食肉の供給と衛生管理の維持向上を図り、消費者に食肉に関する正しい知識の普及を行い、安全・安心な食肉を提供することが責務である。今後も関係機関・団体と一層連携を深め、役職員一同誠心誠意を尽くして事業運営に取り組んでいく」とした

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top