外食アワード、アール・アンド・ビー守破離の増田氏が受賞

 外食産業の発展と食文化の醸成を目的に、外食産業界でその年に活躍した人や話題になった人を表彰する「外食アワード2016」(主催=外食産業記者会)の表彰式およびレセプションが22日、都内で開催された。既報のとおり、5氏・1団体の受賞者のうち、本紙関係では㈲アール・アンド・ビー守破離の増田昭代表取締役が受賞。増田氏は、ローストビーフ丼とアメリカンステーキの「RedRock(レッドロック)」を、兵庫県神戸市を中心に全国に9店舗展開。同氏が考案した「ローストビーフ丼」は、ヘルシーな赤身肉をダイナミックに演出し、SNSでその見た目が注目を集め、肉業態が好調な市場で新たなコンテンツとなった。丼物の気軽さとローストビーフのぜいたく感を併せもつローストビーフ丼は業態適応力が高く、専門店だけではなく居酒屋やバルなどでも提供されるようになっている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする