食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

日EU・EPA、EU諸国の政治情勢踏まえ注視—全中研修会(下)

 JA全中の第2回「JAグループ国際農政研修会」で、大西茂志常務理事が情勢報告を行い、日EU・EPAの動向については、ことし1月のベルギーでの交渉会合で物品市場アクセスの分野をはじめ交渉が行われたが、依然として日EU双方の主張に開きがあり、進展はみられなかったことなどを説明。今後の見通しについて、(1)安倍首相は1月20日の施政方針演説の中で「できる限り早期の合意を目ざす」と述べ、従来の考え方を堅持する意向を表明(2)わが国は自動車などの関税撤廃を求める一方、EUからは豚肉や乳製品を含む加工品の市場開放を求められているもよう。山本農水大臣は「農林水産物のセンシティビティーに十分配慮しながら、交渉に取り組みたい」とし、必要な国境措置を残すように交渉を行う姿勢を示している(3)日EU双方の物品市場アクセス分野への主張は依然として隔たりがあるとみられているが、双方とも早期の大筋合意を目ざすとの考えを崩しておらず、引き続き予断を許さない状況(4)一方、ことしは3月以降にEUの主要国で選挙が控えているほか、英国のEU離脱交渉の開始も見込まれる中、次回交渉時期は明らかにされておらず、EU諸国の政治情勢の影響を踏まえ、双方の思惑どおりに交渉が進められるか注視する必要がある—とした。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top