千葉、宮城の鳥フル発生農場における防疫措置が完了

 千葉県と宮城県は27日、千葉県旭市と宮城県栗原市にあるそれぞれの鳥フル発生農場で、防疫措置が完了したと公表した。
 防疫措置完了後の主な予定は、措置完了後10日が経過したあと(4月7日以降)に実施する清浄性確認検査で陰性が確認され、その間、移動制限区域および搬出制限区域で新たな発生が認められなければ、両県は搬出制限区域を解除する。その後、移動制限区域で新たな発生が認められなければ、防疫措置完了後、21日が経過したあと(4月18日午前0時)に両県は移動制限区域を解除し、すべての措置が終了することとなる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み