食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

熊本「和王」10周年交流会、広報大使に地元のネスミス氏を任命

 熊本県経済農業協同組合連合会(加来誠一代表理事会長)は26日、同連合会の黒毛和種ブランド「プレミアム和王」の誕生10周年を祝い、熊本市内のホテルで関係者や一般消費者ら140人を招待し記念式典を開いた。
 共催はJAくまもと肉牛銘柄推進協議会。冒頭、主催者を代表し加来会長は関係者に謝辞を述べた上で、「今後も消費者から愛される和王の販売強化に努め、次の10年に向けて銘柄確立にまい進する」と強調。共催の同協議会・安武孝之会長は「農家代表として(会長職を務め)あっという間の10年。今後も関西や関東、世界にむけて和王の魅力を発信していきたい」と抱負を述べた。そのあと、ダンス・ボーカルユニットEXILE╱EXILE THE SECONDから熊本県出身のネスミス氏がサプライズゲストとして登場。和王の広報大使として同氏の任命式が壇上で執り行われ、ネスミス氏は「和王のおいしさや生産者の頑張っている姿を全国に伝えてきたい」とPRした。

◆行政・統計

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

 三重県の鈴木英敬知事は21日、今年度補正予算での対応も含め、令和4年度の当初予算編成にあたって概算要求が確実に行われるよう「国への提言・提案」を野上浩太郎農水大臣に提出した。農水省に「農林水産物の販売促進や消費拡大、販路の多様化、輸出の回...
More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top