豪州産席巻、多様な部位需要創出を—輸出協がイスラム市場調査

 日本畜産物輸出促進協議会はこのほど、平成28年度畜産物輸出特別支援事業「イスラム市場におけるハラール対応牛肉の利活用にかかわる調査」報告書をまとめた。農水省は平成31年に農林水産物輸出額を1兆円に拡大することを目標とし、このうち牛肉については250億円を目ざし施策を推進。牛肉輸出は28年に30カ国に対し約136億円、前年比23%増となった一方で、さらなる輸出拡大には、香港やシンガポール、米国、EUなどの主要国に加え、新たな市場の確保が望まれているところ。
 全世界の人口の約4分の1を占めるとされるハラール市場は重要な市場だが、日本人には馴染みの薄いハラール認証や、ハラール認証を受けた牛肉の多様な部位の輸出と有効活用などの課題がある。事業では、新たな需要フロンティアの開拓を目的に、日本よりも一人当たりGDPが高く、富裕層の多いUAEとカタールの主要都市であるドバイ、アブダビ、ドーハにおける高級牛肉市場を調査し、牛肉の多様な部位の活用について取りまとめた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする