食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

和牛マスター食肉センター(姫路市)の竣工式典に500人参集

 3月末に竣工した欧米向け輸出対応可能な最新型食肉センター「和牛マスター食肉センター」(姫路市)の竣工式典が23日に開催され、食肉関係者、行政関係者およそ500人が参集した。内覧会とちぎり方式による記念の枝肉即売会(和牛96頭)、せりによる共励会(同108頭)が開催されたほか、場所をホテル日航姫路に移して竣工披露パーティーが行われた。
 和牛マスター食肉センターは旧「姫路市食肉センター」を建て替えたもの。運営母体は姫路食肉協同組合のほか県内食肉団体やエスフーズらが出資する和牛マスター(株)(池田政隆社長)。5階建てで敷地面積1万2,596平方メートル。1日あたり牛枝肉200頭、牛部分肉加工80頭分の処理能力を保有。冷蔵庫は枝肉600頭、部分肉300頭分を収容できる。豚の処理機能はない。処理室内は全面ステンレス製で、枝肉は床面から90cm以上の高さでつるすなど、輸出を意識した衛生的な構造。せり室は最大130人を収容可能。席ごとにモニター端末が置かれており、出品牛の情報や自身の取引情報をみることができる。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top