全畜連、NTT東日本などが肉用牛転倒事故防止へ実証実験

 全国畜産農業協同組合連合会(全畜連)、(株)コンピューター総合研究所(CAL)、東日本電信電話(株)(NTT東日本)は23日、畜産農家の経済的防止に向けた畜産IoT(モノがインターネットでつながること)に関する共同実証実験について発表した。栃木県那須塩原市で、畜産分野における課題解決を目的とした共同実証実験を、5月から来年3月まで実施。実証実験では、Wi−Fi、画像データ解析技術、肉用牛の転倒自動検知技術、ミリ波ネットワークなどを活用し、出荷前の肉用牛の転倒事故死の未然防止を実証する。毎年1〜2%発生する出荷前の肉用牛の転倒事故死によって、大きな損失(約100万円/頭)が生じており、転倒事故防止方法を模索してきたもの。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする