食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全肉連が東京競馬場で東北産畜産物の消費拡大に向けイベント

 全肉連は20・21日の2日間、東京・府中市の東京競馬場内イベント広場で「食べて応援しよう!東北の畜産」(協力=日本中央競馬会東京競馬場、公益(財)日本食肉消費総合センター、国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター)を開催。
 同イベントは、被災地食肉需要拡大復興支援事業(日本中央競馬会畜産振興事業)の一環として実施されたもので、今回の東京競馬場を皮切りに今後は中山競馬場、新潟競馬場、福島競馬場、小倉競馬場などでも開催される。当日、競馬場で勝馬投票券を購入すると、500円分で1回の抽選ができ、A賞10人(/日)に「福島牛ギフトセット」、B賞500人に「うつくしまエゴマ豚カレー」(レトルト)が当たるというもので、家族連れなど多くの来場者が抽選に参加。さらに1千人に「あいづりんごジュース」が参加賞としてプレゼントされた。ブースでは食肉の安全性や栄養素などについてパネルを設置して来場者にPRしたほか、よく食べる食肉や食肉を購入する際のポイントなどに関する400人分のアンケートを実施した。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top