食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

全畜連、NTT東日本などが肉用牛転倒事故防止へ実証実験

 全国畜産農業協同組合連合会(全畜連)、(株)コンピューター総合研究所(CAL)、東日本電信電話(株)(NTT東日本)は23日、畜産農家の経済的防止に向けた畜産IoT(モノがインターネットでつながること)に関する共同実証実験について発表した。栃木県那須塩原市で、畜産分野における課題解決を目的とした共同実証実験を、5月から来年3月まで実施。実証実験では、Wi−Fi、画像データ解析技術、肉用牛の転倒自動検知技術、ミリ波ネットワークなどを活用し、出荷前の肉用牛の転倒事故死の未然防止を実証する。毎年1〜2%発生する出荷前の肉用牛の転倒事故死によって、大きな損失(約100万円/頭)が生じており、転倒事故防止方法を模索してきたもの。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top