カナダビーフが量販店向けに「おうちでカナダビーフ」CP展開

 カナダビーフ国際機構(下嶋大介アジア代表取締役兼駐日代表)では、ことし7月にカナダ建国150周年を迎えるにあたり、メディアでも活躍中の「オステリア・ルッカ」(東京都恵比寿)オーナーシェフの桝谷周一郎氏タイアップし、カナダビーフをおいしく食べてもらうためのレシピ開発を行うキャンペーンを実施する。同キャンペーンでは春夏4品、秋冬4品のそれぞれ季節に合うメニューを年間で8品提案し、6月中旬からカナダビーフ取扱店舗でレシピブックを配布。年間を通じてレシピ提案を行うことで量販店でのカナダビーフの定着、新規拡大を図る。

 また、桝谷シェフを招いての「子供料理教室」や7月のカナダ建国記念に合わせて「オステリア・ルッカ」でカナダビーフを気軽に味わえる期間限定でのカナダビーフランチフェアも行う。29日に「オステリア・ルッカ」で開催されたメディア向け発表会では、春夏のレシピとしてカナダビーフのカタロースをローストビーフにしてルッコラとパンに挟んだ「パニーニ」、バラの薄切りをアスパラガスに巻いた「インボルティーニ」、カタロースの上にトマトソース、モッツァレラチーズを置き、生ハムをのせた「ミケランジェロ風ステーキ」、ミスジのソテーにイタリア・アマルフィ地方の名産であるレモンを添えた「アマルフィ風レモンソテー」の4品を桝谷シェフが調理して提供した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする