食肉加工4団体総会、組合員相互の事業推進での協力を求める

 一般(社)日本食肉加工協会、日本ハム・ソーセージ工業協同組合、ハム・ソーセージ類公正取引協議会、一般(社)食肉科学技術研究会の食肉加工4団体は30日、東京都港区の浜松町東京會舘で合同総会を開催した。
 各団体を代表して末澤壽一理事長は、「景気は回復基調にある中、外需関係は為替等で上向いているが、内需に関しては、まだ不透明感があるように思われ、消費者の購買意欲を高める商品開発が重要となる。少子高齢化や労働力不足がメーカーをはじめ流通関係者の課題となる中、TPPや原料原産地表示、またHACCPや2019年の消費税の見直しなど、さまざまな課題に対して柔軟性が求められる。またTPPの展開に関しても食品メーカーは、さまざまな対応が求められる。また、原料原産地表示については、消費者に適切な情報を提供することが重要」と指摘。
 そのうえで「HACCPは基本的に日ごろからしっかりと業務を行い、国際基準と国内基準を認識していれば問題はない。今後は時代の変化に準備して対応することが重要となる。そのためにもハム・ソーセージ4団体は、今まで以上の連携と団結によって事業運営を行っていく」と組合員相互の事業推進での協力を求めた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み