精肉店での軽減税率対応、全肉連が財務省担当官招き意見交換会


 全国食肉事業協同組合連合会は5日、東京・赤坂のアジミックビルで「消費税の軽減税率にかかわる意見交換会」を開いた。会合には財務省、農水省の行政担当官を招き、関東甲信越ブロックの各肉連トップをはじめ関係者が出席した。平成31年10月から消費税が10%に引き上げられ、食料品などについては税率を現行の8%に据え置く軽減税率制度がスタートする。全肉連はこれまでも軽減税率に対する理解を広げるため、各ブロックで軽減税率に関するセミナーを開催してきており、昨年度は計9回のセミナーを実施した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み