食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

精肉店での軽減税率対応、全肉連が財務省担当官招き意見交換会


 全国食肉事業協同組合連合会は5日、東京・赤坂のアジミックビルで「消費税の軽減税率にかかわる意見交換会」を開いた。会合には財務省、農水省の行政担当官を招き、関東甲信越ブロックの各肉連トップをはじめ関係者が出席した。平成31年10月から消費税が10%に引き上げられ、食料品などについては税率を現行の8%に据え置く軽減税率制度がスタートする。全肉連はこれまでも軽減税率に対する理解を広げるため、各ブロックで軽減税率に関するセミナーを開催してきており、昨年度は計9回のセミナーを実施した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

 スペイン大使館経済商務部では、スペイン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン「美食の国が育んだ、スペインポーク」を今後数年間の予定で実施する。これはスペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であること...
More

◆製品

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和...
More
Return Top