食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

全肉連が総会開き河原会長再任、新たに小売店舗活性化事業など


 全国食肉事業協同組合連合会は25日、東京・港区のグランドニッコー東京台場で平成30年度通常総会を開き、29年度事業報告や30年度事業計画などの提出全議案を原案どおり承認した。任期満了に伴う役員改選では、河原光雄会長(福岡)をはじめ、副会長に村上幸春(大阪)、新長謙三(広島)、神田政彦(新潟)の3氏、専務理事の木村元治氏をいずれも再任した。常務理事は新たに吉田昌弘氏(山形)を選任し、井並二六三郎氏(石川)、村松巖氏(静岡)、二川隆一氏(香川)を再任した。
 河原会長は再任を受け「力不足ではあるが、皆さまの協力を得て一生懸命に務める。今後ともよろしくお願いする」と述べた。また、総会冒頭のあいさつでは「食肉業界を取り巻く状況は、TPPや慢性的な人手不足、出荷頭数の減少に伴う牛肉仕入れ価格高騰に加え、食品衛生管理におけるHACCPの義務化および、消費税の軽減税率導入への対応など厳しい状況が続くと予想される。こうした中、全肉連が実施する生産者と連携した食肉販売会事業については、加工料の単価見直しを含め事業の拡充を行うとともに、昨年から取り組んでいるHACCP手法導入義務化に対応する事業の推進、国産食肉の理解醸成を図るための食育事業の拡充を図る。新たに小売店舗の活性化を強力に推進するため、活力ある店舗展開の支援事業、さらに畜産GAPの認証取得に向けた取り組みを推進するための事業も行い、国産食肉の需要創出を図る。今年度も農畜産業振興機構をはじめ、関係団体の支援をいただき、会員組合員の協力を得て各種の事業に取り組んでいく」とした。

◆行政・統計

自民農林部会合同会議、和牛遺伝資源関連2法の骨子案を了承

自民農林部会合同会議、和牛遺伝資源関連2法の骨子案を了承

 自民党の農林部会合同会議が12日、党内で開かれ、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案の条文案、家畜改良増殖法の一部を改正する法律案および家畜遺伝資源に関する不正競争の防止に関する法律案の骨子案が了承された。今後、党内手続きを経て、国会で...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top