食肉処理でロボットやAI活用、最新の研究技術開発成果を紹介


 公益(財)日本食肉生産技術開発センター(関川和孝理事長)は、平成30年度研究開発成果発表会を15日、東京・大手町のKDDIホールで開催した。食肉生産技術研究組合で研究開発した成果などの普及を図るために行っているもの。当日は関係者約170人が参加。食肉処理の現場でロボットやAIなどの技術を導入し、自動化や省力化、効率化等を図る最新の研究技術開発成果が紹介された(詳細は食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み