食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

和牛マスター食肉センターが米国へ神戸ビーフを初輸出

 和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場)は15日、神戸ビーフの米国向け輸出出発式を開催。業界関係、行政、大手マスコミなどおよそ200人が参加した。同センターはこのほど米国向け輸出認定を取得。これにより初めて県内と畜施設から米国への神戸ビーフ輸出が実現した。17日に関西空港から現地へ出発した。輸出業者はエスフーズ。
 県内でのと畜が義務付けられている神戸ビーフの米国向け輸出は、県内に対応可能な高度な輸出対応と畜施設がないため、これまで鹿児島のサンキョーミート(株)で例外的に行われていた。県内からの輸出は業界関係者に限らず、兵庫県・神戸市といった行政関係者にとっても悲願であった。そのほか難度が高いシンガポール向けも取得。今回、輸出されるのは25頭で、このうち13頭が神戸ビーフ。神戸畜産出品牛。輸出数量は1737kgで、このうち米国が658kg、シンガポール442kgなど。米国向けはネバダ州ラスベガスのリゾートカジノホテル「MGMグランド」などで提供されるとしている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top