食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

日本SPF協会セミナー、商品化頭数最優秀農場に八幡平ファーム

 一般(社)日本SPF豚協会(北島克好会長)は11月30日、平成28年度SPFセミナーを東京・千代田区のKKRホテル東京で開催。冒頭、北島会長は同協会のことしのトピックとして、薬剤耐性(AMR)対策普及・啓発推進団体として10月に登録されたことについて「当協会ではSPF認定発足以来、認定の最重要項目として抗生物質の使用状況を確認するとともにその低減を図り、適正使用に取り組んできた」と説明。同協会では今後、協会だよりなどで薬剤耐性対策についての情報提供、普及・啓発を推進していく。

 さらに北島会長は認定制度発足から20年、現在の成績評価になって10年となったことを受け、中身の検証と技術的な進歩を取り入れて見直しを行ったことを発表。改正の大きなポイントとして(1)条文を整理して実態に合ったものに変更(2)時代に合ったより厳しい衛生状況に変更(3)種豚改良を促進するための特別措置—–をあげた。

 昨年に続いて商品化頭数最優秀農場に輝いた農事組合法人八幡平ファーム(岩手県)の阿部正樹組合長は「成績を向上させるために最も大切なことは豚が健康に育つこと。私たちはそれを常に念頭に置き、実践するようにしており、現場職員の成績向上への意識の高さとチームワークのおかげで、常に生産成績は目標を上回っており、私はそんな職員たちを大変頼もしく思っている」とした上で「現在、新農場のジョイフルファーム八幡平の建設を進めている。順調に稼働している岩手の2農場を踏襲し、年間4万頭を出荷できる農場がもう一つできる。新農場が稼働すると、八幡平グループ全体で母豚数が約6,200頭、出荷頭数が約15万8千頭となる予定だ。今回の表彰は今後の取り組みに力強い後押しをいただいたと感じている。これからも健康な豚の生産に全力を尽くす」と述べた。

◆行政・統計

第5回畜産部会、家畜改良、畜産環境の情勢について説明

第5回畜産部会、家畜改良、畜産環境の情勢について説明

 農水省は10日、都内で第5回食料・農業・農村政策審議会畜産部会を開き、「酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(酪肉近)」と家畜改良増殖目標を定めるにあたり、農相から諮問を受け、家畜改良、畜産環境の情勢について説明した。今後のス...
More

◆トレンド

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

 神戸大学農学研究科と黒毛和牛の魅力創出技術研究会は11日、神戸大学瀧川記念学術交流会館で畜産業界の関係者や一般消費者らを対象に「黒毛和牛の魅力創出セミナー」を開催し、約80人が参加した。 本セミナーは日本中央競馬会(JRA)特別振興資金助...
More

◆国内外の団体

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

 スペイン大使館経済商務部では、スペイン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン「美食の国が育んだ、スペインポーク」を今後数年間の予定で実施する。これはスペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であること...
More

◆製品

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和...
More
Return Top