食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

タイ産生鮮鶏肉の韓国向け輸出、12年ぶりに再開

 タイの現地報道によると、タイのチャチャイ農業協同組合相は、11月9日に韓国当局から正式に大手食品メーカーのチャロン・ポカパン・フーズ(CPF)など12カ所の鶏肉生産工場の輸出許可を受けたとし、タイは同日以降に生産された生鮮鶏肉の輸出が可能となり、初回ロットを11月17日に輸出したとしている。タイから韓国への生鮮鶏肉の輸出は、同国で2004年1月に高病原性鳥インフルエンザが発生して以来停止されていたが、韓国はことしの9月に動植物検疫所(Animal and Plant Quarantine Agency)の検査官を派遣し、先の12カ所の工場の検査を行い、その後、両国間で協議が進められていた。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top