タイ産生鮮鶏肉の韓国向け輸出、12年ぶりに再開

 タイの現地報道によると、タイのチャチャイ農業協同組合相は、11月9日に韓国当局から正式に大手食品メーカーのチャロン・ポカパン・フーズ(CPF)など12カ所の鶏肉生産工場の輸出許可を受けたとし、タイは同日以降に生産された生鮮鶏肉の輸出が可能となり、初回ロットを11月17日に輸出したとしている。タイから韓国への生鮮鶏肉の輸出は、同国で2004年1月に高病原性鳥インフルエンザが発生して以来停止されていたが、韓国はことしの9月に動植物検疫所(Animal and Plant Quarantine Agency)の検査官を派遣し、先の12カ所の工場の検査を行い、その後、両国間で協議が進められていた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み