食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

ニチレイフーズ新商品、「特から」で食卓向け鶏から揚げ提案

 (株)ニチレイフーズは11日、本社で2017年春季新商品発表会を開き、新商品・リニューアル品計46品を発表した。家庭用は冷凍食品新商品10品・リニューアル品16品のほか、常温食品新商品1品を発売。引き続き(1)力強いカテゴリー政策の推進(2)新規需要創造への挑戦—–をテーマに、いままで以上に「食卓」に目線をおいた商品ラインアップで、マーケットの活性化を図る。
 (1)では、手づくり品質を目標とした高い技術力で、おいしさを徹底的に磨き、既存カテゴリーの成長をけん引。具体的には、「食卓」の主役となる若鶏のから揚げ製品を強化し、同社独自の新技術「じゅわ旨っ製法」で、から揚げを食べたときのじゅわっとした揚げたてを再現し、さらに1個約32g(従来約27g)で食べごたえをアップ、大容量の415gで満足度も向上させた「特から」(写真)を発売する。同製法はハンバーグで肉汁を閉じ込める製法を応用したもので、加えて再仕込みしょうゆと二度揚げでおいしさを追求。大袋から揚げの新しいスタンダードとして提案する。「本格炒め炒飯」は、さらなるパラパラ感を実現し改良。「お弁当にGood!」はブランドロゴを「大人満足 お弁当にGood!」に刷新し「ささみチーズフライ」などを販売する。
 (2)では、個食需要に新しい価値を提案する「個食米飯」の「バターチキンカレー」など。「匠御菜(たくみおかず)」シリーズで岩手県産純和鶏を使った「特製ピーマンの肉詰め。」などを発売する。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top