食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

28年度日本食肉生産技術開発センターが研究開発成果発表会開催

 公益(財)日本食肉生産技術開発センターと食肉生産技術研究組合は9日、東京・大手町のKDDIホールで、28年度研究開発成果発表会を開催。

 食肉市場関係者ら業界から多数が参加聴講した。発表会に先立ち、塩飽二郎理事長があいさつに立ち、この中で最近の食肉産業の情勢に触れ「TPPの大筋合意から1年半経過したが、ここにきて米国がTPPを離脱することがはっきりしてきた。しかし政府はTPPの立ち上げについてあきらめていないようだが、現実は非常に厳しい。その一方でEUとの豚肉などの問題でも進展はしているものの、きょうあすに妥結する問題ではないときいている」などと世界情勢での日本の立ち位置を説明し「このような国際情勢にある中、わが国の畜産の自給率を向上させるためには安全・安心で品質の高い食肉を生産し、消費者の国産食肉に対する信頼を得ることが非常に大切なこと。食肉処理施設はいわば食肉流通の基点でもあり、HACCPを導入することは安全・安心な食肉を供給するための重要な課題であり、当センターでは食肉処理施設のHACCPの普及に努めている。また研究組合は平成4年に設立され、組合員が共同してと畜解体や部分肉処理施設での衛生の高度化、あるいは処理作業の自動化などの研究開発に取り組んできた。これまで食肉施設での約180の課題に取り組み、衛生の高度化や作業の自動化に寄与してきた」と説明した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top