食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

MLAが大阪、福岡に続き東京でプロジェクションセミナー開催

 MLA豪州食肉家畜生産者事業団は14日、大阪、福岡に続き東京・品川区の品川プリンスホテルで「オージー・ビーフ&ラム 2017MLAプロジェクションセミナー」を開催した。セミナーではアンドリュー・コックス駐日代表が2017年のオーストラリア産牛肉、ラム、マトンの産業予測について講演。日本が再びオージー・ビーフ最大の輸出市場となったこと、さらに2017年はオーストラリア産牛肉の生産量は回復する見込みであること、輸出量が過去5番目の高さになる見込みであることなどを説明した。
 続いてスペシャル講演では(株)味香り戦略研究所研究開発部の矢嶌希望氏、石原隆司氏がオーストラリア産パスチャーフェッド、ショートグレイン、オーストラリア産ではないコーンフェッドの3種類の輸入牛肉を味覚センサー、さらに一般・主婦モニターと食肉業者やシェフらの専門家モニターが試食した官能評価などについて「牛肉味分析・官能評価報告」として発表した(結果の詳細は2月28日付「食肉通信」に掲載)

◆行政・統計

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

0年牛と畜合計105万頭で前年比0.8%増、豚は2.3%増

 農水省まとめによる令和2年12月の食肉流通統計がこのほど公表され、2020年内の同統計が出そろった。本紙ではこれらをもとに、20年次(1〜12月累計)の牛.豚.馬肉の生産数量を試算した。 それによると、牛の合計と畜頭数は105万1,755...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

丸大食品、6月下旬に佐藤勇二氏が新代表取締役社長に就任

 丸大食品は22日、役員人事、組織変更を発表した。概要は次のとおり [代表取締役の異動](21年6月下旬予定)代表取締役社長(常務執行役員)佐藤勇二〈写真〉▽特別顧問(代表取締役社長)井上俊春〈※6月下旬開催予定の定時株主総会および同株主総...
More
Return Top