食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

生衛関係の雇用動向調査、「従業員の確保がしにくい」過去最高に

 日本政策金融公庫はこのほど、2016年12月上旬に郵送調査などで生活衛生関係営業3,290企業(そのうち食肉・食鳥肉販売業150企業)を対象とした、雇用動向に関するアンケート調査結果を公表した。
 それによると、従業者の確保をめぐる環境は、1年前と比べ「確保しにくくなった」の割合が36.1%と、08年の調査開始以来過去最高となった。食肉・食鳥肉販売業は「変わらない」が59.1%、「確保しにくくなった」が40.9%。従業者の確保がしにくくなった理由として、最も多いものが「新規に募集をしても応募が少ない」という理由で、次いで「求められる待遇面(給与、休暇など)の水準が高い」「雇用した者が定着せずに辞めてしまう」などがあげられた。

◆行政・統計

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

 三重県の鈴木英敬知事は21日、今年度補正予算での対応も含め、令和4年度の当初予算編成にあたって概算要求が確実に行われるよう「国への提言・提案」を野上浩太郎農水大臣に提出した。農水省に「農林水産物の販売促進や消費拡大、販路の多様化、輸出の回...
More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top