食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日本食研フォーラム開催、調理段階別のアイテム展開などを提案

 日本食研ホールディングスは4月19〜20日、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで「日本食研ミールソリューションフォーラム2017さいたま」を開催。
 同社は、食を取り巻く環境・人口構造などの変化を捉え、食品小売業の未来を考えたとき、ミールソリューション(食事における問題解決)の実現が必須であると考え、これを強く推進している。開催5回目となる今回のフォーラムは、昨年と同様にテーマを「定番の定番化」とし、約6千人・2千社の来場を見込んでいる。
 会場では、精肉・鮮魚・青果・総菜・ベーカリーなどの「業界ブース」や「セッションブース」などに分かれ、同社の商品や売り場のあり方を提案。また、メーカー事業部による「食品製造メーカーへの提案」やテクニカルサポート部による「プロセスセンターサポートの提案」、さらには同社の商品を使った料理実演なども行っている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top