食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

[加工品仕向肉量・3月]国産、輸入の合計数量は前年同月比増加

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合がまとめた3月の加工品仕向肉量によると、国産と輸入を合わせた合計数量は、3万5,784t(前年同月比3.5%増)と、前年同月比で増加した。このうち、国内物は9,823t(0.7%減)と引き続き1万tを下回り、前年同月比で微減。一方、輸入物は2万5,961t(5.2%増)と前年同月を上回った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛マルキン5月、肉専の積立金不足は16都県に

牛マルキン5月、肉専の積立金不足は16都県に

 農畜産業振興機構は8日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)5月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価を公表した。 前回、3都県が積立金不足となった肉専は今回、新たに13県で積立不足となった。16都県は国費分のみの支払...
More

◆国内外の団体

ベトナムが豚肉の最恵国関税を引き下げへ、冷凍は10%

ベトナムが豚肉の最恵国関税を引き下げへ、冷凍は10%

 ベトナム政府はこのほど、豚肉の最恵国税率の引き下げを発表した。これにより、7月10日から、冷凍豚肉は15%から10%に、冷蔵豚肉は25%から22%になる。この関税率は同年末まで適用される。 ベトナムの主な輸入先国であり、包括的および先進的...
More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top