食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

仙台牛共進会、チャンピオン牛単価3,701円でミヤミート購買

 仙台牛銘柄推進協議会は7日、仙台牛枝肉共進会を東京食肉市場で開催した。共進会では、去勢58頭、雌12頭の合計70頭を出品。チャンピオン牛には佐藤昭彦さんの出品牛(去勢、A5、枝肉重量682kg、BMS No.12)が選ばれ、ミヤミートが単価3,701円で購買した。せり終了後には、褒賞授与式がJA全農ミートフーズ(株)東日本営業本部で行われ、審査講評として「ロースしんやバラの厚さにおいて最高レベルの枝肉が多かった。チャンピオン牛については、脂肪の質が非常に素晴らしい枝肉だった」と評価された。

◆行政・統計

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

 総務省統計局が公表した2月家計調査報告(2人以上世帯=1世帯あたり・品目別)によると、肉類支出金額は7,456円(前年同月比27%増)。前月までに比べ伸び率は落ち着きつつあるものの、昨年2月は新型コロナの感染拡大が国内でも警戒され始めた時...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

 一般社団法人日本養豚協会(JPPA、日本畜産物輸出促進協議会豚肉輸出部会事務局)はこのほど、タイにおける豚肉マーケット調査報告書を取りまとめ、ホームページに公表した。同調査は日本産豚肉の海外市場拡大のため、2020年度の豚肉輸出事業として...
More

◆製品

More
Return Top