食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

29年度第1四半期子牛の平均売買価格、黒毛和種が下落に転じる

 農水省は21日、肉用子牛生産者補給金制度における平成29年度第1四半期の指定肉用子牛の平均売買価格と補給金単価を告示した。平均売買価格をみると、過去最高を更新し続けてきた黒毛和種が80万9,400円と前月の85万1,400円から下落に転じた。褐毛和種、その他肉専用種、交雑種も前月を下回った。そのような中で乳用種は前月をやや上回った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top