食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

東京市場豚枝肉共励会、名誉賞豚は単価1万7,996円を記録

 農林水産祭参加「第二回東京食肉市場豚枝肉共励会」(主催=一般社団法人東京食肉市場協会、事務局=東京食肉市場(株)小動物事業部)が23〜25日にかけて東京食肉市場で開催され、全国から46社1千頭の豚枝肉が出品された。厳正なる審査の結果、栄えある名誉賞には(有)常陸牧場の出品豚(77.5kg)が輝き、25日のせりでは東総食肉センター(株)が豚枝肉では史上最高値となるキロあたり1万7,996円(税抜き、以下同)で購買。また、最優秀賞のあわ雪出荷会ヤマギシズム生活榛名実顕地出品豚(77.5kg)は単価3,003円で(株)中村畜産が、同じく最優秀賞の(有)米川養豚場出品豚(75.5kg)は単価3,066円で(株)アマイがそれぞれ購買した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top