食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

GAP Japan17、GAPを取得すべきという気運を醸成

 日本GAP協会は26日、都内で「GAP Japan2017」を開き、GAPの最新情報を提供した。生産者のトークセッションでは、農水省の鈴木良典生産振興審議官、全国農業協同組合連合会の立石幸一参事、日本農業法人協会の山田敏之会長が参加し、今後、GAPを取得すべきという気運を醸成していくことが重要との認識で一致した。
 トークセッションで生産者がGAPに取り組むときの課題について、立石参事は生産者の理解にバラツキがあり、それぞれの農家が自分はどの程度の段階にいるのか認識してから取り組む必要があると指摘した。
 鈴木審議官はGAPがどういうものか生産者に知ってもらうことが第1の課題とし、指導体制について平成30年概算要求で県への交付金を要望していることを強調した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

 新型コロナウイルス感染症に伴い、インバウンド需要が減少、また外出自粛による外食店利用の減少などを受けて、牛枝肉相場が暴落した。これを受けて、和牛肉の余剰在庫の保管・販売経費の助成として「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」を農畜産業振興機構が...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top