食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

東京組合が理事・支部長会、「準会員」制度を設け組合活性化図る

 東京都食肉生活衛生同業組合・同事業協同組合(佐藤恭脩理事長)は1日、理事・支部長会を東京都目黒区の目黒雅叙園で開催。佐藤理事長は冒頭のあいさつで「現在、組合活動が円滑に行われているのは、役員や組合員の皆さまのご協力をいただいているからであるが、とくに各支部長にご尽力いただいていることが、いまの組合を支える大きな力となっている。今後も皆さまのお力をお借りしながら、組合の運営に当たっていく。つねに組合員のための組合という初心を忘れずに努力していくので、さらなるご協力をお願いしたい」と呼びかけた。来賓からは中川雅治環境大臣らが祝辞を述べた。

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top