食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

新たに豚肉の脂肪交雑基準作成、来年1月から判定開始—日格協

 公益(社)日本食肉格付協会(金井俊男会長)と(独)家畜改良センター(入江正和理事長)は20日、共同で新たに豚肉の脂肪交雑基準(ポークマーブリングスタンダード〈P.M.S〉)を作成したことを発表した。これまでわが国では豚肉のロース断面の脂肪交雑程度を客観的に評価する基準がなかったが、筋肉内脂肪が多い豚肉を取り扱う関係者などから脂肪交雑の程度を評価してほしいとの要望が寄せられたこと、また農水省の家畜改良増殖目標で、デュロック種については、差別化やブランド化に資するものとしてロースしん筋内脂肪の高い(筋肉内脂肪含量がおおむね6%)系統の作出・利用を図るとされていることを踏まえ作成した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top