食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

新たに豚肉の脂肪交雑基準作成、来年1月から判定開始—日格協

 公益(社)日本食肉格付協会(金井俊男会長)と(独)家畜改良センター(入江正和理事長)は20日、共同で新たに豚肉の脂肪交雑基準(ポークマーブリングスタンダード〈P.M.S〉)を作成したことを発表した。これまでわが国では豚肉のロース断面の脂肪交雑程度を客観的に評価する基準がなかったが、筋肉内脂肪が多い豚肉を取り扱う関係者などから脂肪交雑の程度を評価してほしいとの要望が寄せられたこと、また農水省の家畜改良増殖目標で、デュロック種については、差別化やブランド化に資するものとしてロースしん筋内脂肪の高い(筋肉内脂肪含量がおおむね6%)系統の作出・利用を図るとされていることを踏まえ作成した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top