食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日本キャリア工業が新機械振興賞表彰で機械振興協会会長賞を受賞

 一般(社)機械振興協会はこのほど、「第15回新機械振興賞」の受賞結果を発表。本紙関連では(株)日本キャリア工業(本社=松山市、三谷卓社長)の「スライス肉自動盛付スライサーの実用化」が機械振興協会会長賞を受賞した。
 この制度は、機械工業における技術開発の一層の促進を図るため、優秀な研究開発およびその成果の実用化によって機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる企業などを表彰することにより、日本の機械工業の振興に資することを目的としている。
 従来、小間切れ肉のスライス作業は、多くの人手と広い作業スペースを要した。また、細かな肉の取りこぼしが多く、盛り付けの出来栄えにもバラツキがあった。同社が開発した「スライス肉自動盛付スライサー」は、従来の丸刃に替えてバンドナイフを使用し、切り出し口に接近させたベルトコンベヤーにスライス肉を付着させ整然と受け取れるようにした。

 写真は「ミートパッカーKP-150

◆行政・統計

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

 三重県の鈴木英敬知事は21日、今年度補正予算での対応も含め、令和4年度の当初予算編成にあたって概算要求が確実に行われるよう「国への提言・提案」を野上浩太郎農水大臣に提出した。農水省に「農林水産物の販売促進や消費拡大、販路の多様化、輸出の回...
More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top