食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日本キャリア工業が新機械振興賞表彰で機械振興協会会長賞を受賞

 一般(社)機械振興協会はこのほど、「第15回新機械振興賞」の受賞結果を発表。本紙関連では(株)日本キャリア工業(本社=松山市、三谷卓社長)の「スライス肉自動盛付スライサーの実用化」が機械振興協会会長賞を受賞した。
 この制度は、機械工業における技術開発の一層の促進を図るため、優秀な研究開発およびその成果の実用化によって機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる企業などを表彰することにより、日本の機械工業の振興に資することを目的としている。
 従来、小間切れ肉のスライス作業は、多くの人手と広い作業スペースを要した。また、細かな肉の取りこぼしが多く、盛り付けの出来栄えにもバラツキがあった。同社が開発した「スライス肉自動盛付スライサー」は、従来の丸刃に替えてバンドナイフを使用し、切り出し口に接近させたベルトコンベヤーにスライス肉を付着させ整然と受け取れるようにした。

 写真は「ミートパッカーKP-150

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top