食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

第1回和牛甲子園を開催、初代チャンピオンに飛騨高山高校が輝く


 JA全農は18〜19日、全国の農業高校などで和牛を飼育している高校生を対象に、高校生が育てた和牛を集めて肉質と日ごろの取組内容を競い合う大会「第1回和牛甲子園」を東京食肉市場で開催。出品牛枝肉の肉質評価と日ごろの取り組み内容を合わせた総合評価で、岐阜県立飛騨高山高校(雌、A5、枝肉重量=450kg、BMS No.10)が和牛甲子園最優秀賞を受賞し初代チャンピオンとなり、JA全農ミートフーズ(株)が単価3,505円で購買した。
 同大会は、将来の担い手である高校生に情報交換と同世代の交流の場を提供し、技術の向上と生産意欲を高めるとともに、広く国内肉牛の生産振興に役立てることを目的としており、今回は参加高校15校、出品牛21頭が集まった。チャンピオン校である飛騨高山高校は現在、繁殖牛15頭、肥育牛30頭を飼育。日ごろの取組発表会では、血液検査やエコー検査、さらには卵巣摘出など高度な技術を行っていることを発表し、高い評価を得た。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top