食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

第1回和牛甲子園を開催、初代チャンピオンに飛騨高山高校が輝く


 JA全農は18〜19日、全国の農業高校などで和牛を飼育している高校生を対象に、高校生が育てた和牛を集めて肉質と日ごろの取組内容を競い合う大会「第1回和牛甲子園」を東京食肉市場で開催。出品牛枝肉の肉質評価と日ごろの取り組み内容を合わせた総合評価で、岐阜県立飛騨高山高校(雌、A5、枝肉重量=450kg、BMS No.10)が和牛甲子園最優秀賞を受賞し初代チャンピオンとなり、JA全農ミートフーズ(株)が単価3,505円で購買した。
 同大会は、将来の担い手である高校生に情報交換と同世代の交流の場を提供し、技術の向上と生産意欲を高めるとともに、広く国内肉牛の生産振興に役立てることを目的としており、今回は参加高校15校、出品牛21頭が集まった。チャンピオン校である飛騨高山高校は現在、繁殖牛15頭、肥育牛30頭を飼育。日ごろの取組発表会では、血液検査やエコー検査、さらには卵巣摘出など高度な技術を行っていることを発表し、高い評価を得た。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top